許可が必要

借地権所有の建物を売る時は地主に許可をもらう必要がある

制約を簡単にできる

建物を所有している全ての人が、その土地も自分のものとは限りません。しかし、その土地に建てている物件のローンを払えなくなり、売却したいと考えているのなら、専門家に依頼することで、スピーディーに問題を片付けることができるでしょう。

勝手に売れない

ウーマン

売却する時は

横浜で全ての建物や土地を自分の財産で購入しているのなら、売却する際に不動産鑑定を勝手に行なうことができます。しかし、建物が自分のものであっても土地が第三者のものの場合は勝手に売ることができなくなります。

ローンが残っていても売れる

借地権を所有している物件を売る際は、ローンがあるものに関しても売却することが可能です。しかし、借金の方が多い場合は売却できたとしても、手元に残るお金が少なくなります。しかし、不動産鑑定を横浜の業者にしてもらい、査定金額を増やすことはできるかもしれないので、専門の不動産業者にまずは問い合わせてみるのが賢明です。

所得税がかかる

横浜だけでなく、全国一律で借地権を売却する際には、様々な手続きが必要になってきます。また、その際に所得税などの税金がかかってくるので、不動産鑑定をするのなら、専門としている人に一度見てもらうと安心して売ることができるでしょう。

新着情報

相談件数が一番多い事ランキング

no.1

借地権の売却

初めて物件の売却をする際は不安な気持ちでいっぱいになる方も多くいることでしょう。しかし、プロに依頼することで、そのような不安を払拭することが可能です。また、同じような悩みを抱いている方が多いので、まずは相談するべきです。

no.2

相続問題について

借地権の場合は相続についても複雑化してきます。何故なら、土地にかかる費用は購入して返済しない限り、永遠に地主に払わなければならないので、トラブルになってしまいます。しかし、専門家に相談することで、解決できるようです。

no.3

マンションの契約更新

借地権をするにあたって、マンションの契約を更新するように更新の手続きや費用を払う必要があるのです。しかし、それを個人で行なうとなると大変ですので、専門機関に依頼するとスムーズになります。

no.4

専門家に相談する

ウェブサイトを見てみると、借地権のことは書かれていますが、専門用語や普段使わないような言葉が連なっているので、なかなか理解することができません。そのような時にも専門家に相談することによって、すぐに内容を理解することができるでしょう。

no.5

地主から拒否された

地主の許可が無ければ借主の不動産を売却することができないことを知っている上で許可しない地主がいるのも事実です。そういう時こそ冷静になってプロに依頼することで、トラブルを最小限に押さえることができ、許可をもらうことが可能になります。

[PR]

持ち家の相続対策なら横浜の不動産鑑定士事務所にお任せ!
適正評価を行なってくれるプロが多数在籍

借地権ってなに?
知ることでトラブルを事前に回避できますよ。

[PR]

広告募集中